どんな時代もダイヤは輝く!

人生の節目に送るダイヤモンド

サイト項目

天然ダイヤの減少による人工ダイヤの増加とダイヤモンド買取への影響

悠久の歴史の中で、いつの時代も変わらず愛され続けている宝石がダイヤモンドです。その美しくて華やかな輝きは、多くの人々を魅了してきました。天然ダイヤモンドは、宝飾品としてまたは資産としても人気のある宝石です。しかし天然ダイヤは限られた資源で、採掘してもそのほとんどが質や色合いが微妙なものであり、美しい宝石になるものはほんの一握りです。そのため希少性が高く価格も高額であり、ダイヤモンド買取の際にも高い査定額が表示されることが多いようです。天然の成分が生んだ結晶なので同じものは存在せず、唯一無二である永遠の愛の誓いの象徴として、よく結婚指輪に選ばれています。

さまざまな国で発掘されている天然ダイヤですが、残念ながら日本では大がかりな発掘は行われていません。そのため海外から輸入することとなりますが、近年では輸入量が減少していて、それに代わって輸出量が増加しています。産出国でないにも関わらず輸出が増加していると聞くと、なんだか不思議な感じがするかもしれません。これにはダイヤモンド買取が深く関わっています。買取されたダイヤは、その後国内の市場に流れて再び卸に出されて販売されるものと、輸出業者によって海外へ送られるものに分かれます。このようにダイヤモンド買取による海外輸出が増加している背景には、経済に対する不安と人工ダイヤの台頭があります。

人工ダイヤは合成ダイヤとも呼ばれ、科学の技術で人の手により作成されたダイヤモンドです。その固さや電気伝導性は天然ダイヤをしのぐ性質を持っています。また宝飾品として有名な人工ダイヤには、キュービックジルコニアがあります。見た目や色合い、固さなど、素人には天然と人工の違いは判別できないほど、よくつくられています。天然に比べると安価であるため、気兼ねなく日常使いできるところも魅力になっています。天然ダイヤを買取してもらい、新たにキュービックジルコニアを購入して、余った分で旅行に行くなど、人生を楽しむ資金作りの際に利用されることも多いようです。

ネットなどではダイヤモンド買取サイトが充実していて、相場価格の情報などが簡単に確認できる上、店舗を訪れる以外にも電話やオンラインで24時間査定を受付しているところもあります。このようにダイヤモンド買取に対する敷居が低くなったことも、輸出増加の大きな要因になっています。大切な資産なので、ダイヤモンド買取を行う際は、いくつかの業者を確認して吟味することをおすすめします。

Copyright(C)2014 どんな時代もダイヤは輝く! All Rights Reserved.