どんな時代もダイヤは輝く!

人生の節目に送るダイヤモンド

サイト項目

合成ルチルでできた誤称のダイヤはダイヤモンド買取で評価が低い

ダイヤは美しい無色透明の輝きを放つことで、高い価値があると評価されている宝石です。 ただし、本物ではないものでダイヤなどの名称を付けることで、価値を引き上げて販売されている宝石もあります。

ダイヤは指輪やジュエリー、アクセサリーなど幅広い宝飾品に利用されていますので、使わなくなったときにはダイヤモンド買取店に売却ができます。 ダイヤモンド買取店で査定を受けるときには、鑑定書などの付属品を付けて売却することで買取価格を良くしてもらうことができます。 将来的にダイヤモンド買取店に売却することも考えて、購入するときに代替品を買わないように注意する必要があり、詳しい知識を持っておくことは役に立ちます。

ダイヤは希少性が高いために、様々な代替品の研究が行われてきた歴史を持っており、専門の鑑定士であれば見分けることが可能ですが、一般的な人が見分けるためには知識が必要になります。 チタニアダイヤモンドは合成ルチルの誤称で、本物のダイヤではありません。 本物と比較したときには合成ルチルのダイヤのほうが、輝きが強い特徴があり、ルーペを使って確認することによって底を見ることで、稜線に2つの影があることがわかります。

合成ルチルで作られたものは硬度が低く、傷つきやすさや脆さがあるために、使用しているうちに角が摩耗して丸くなってくる特徴があります。 代替品かどうかを見分ける方法としては、息を吹きかけたり、水滴をたらす方法などがあります。 ダイヤは熱伝導性が高いために息を吹きかけて曇らせることで、すぐに曇りが消えますが、代替品の場合にはなかなか消えないので見分けられます。 本物のダイヤは水を強くはじく性質を持っていますので、水滴をたらす方法も見分け方として有効です。

これらの知識を使って本物のダイヤを購入しておけば、使用しなくなったときでも高額な価格でダイヤモンド買取店に売却できます。 ダイヤモンド買取店で査定を受けるときには、傷や汚れが付いていればそれだけ評価が下がってしまいますので、日頃から綺麗な状態になるように手入れをしておくことがおすすめです。

ダイヤには油を吸収しやすい特性があるために、皮脂などの汚れが付きやすいので、布を使って拭き取ることで清潔な状態を維持させることができます。 また、保管するときにも他の宝石と一緒に片付けるのではなく、個別に箱にいれることで傷つきにくくなります。 高温高湿の環境を避けて、風通しの良い場所で保管しておくことが品質の劣化を防ぐ方法としておすすめできます。

Copyright(C)2014 どんな時代もダイヤは輝く! All Rights Reserved.