どんな時代もダイヤは輝く!

人生の節目に送るダイヤモンド

サイト項目

ダイヤモンドの歌といえば、マリリン・モンローのあの名曲

ダイヤモンドの美しさや輝きを歌った歌はたくさんありますが、その中でも特に有名な歌があります。 歌ったのはあのマリリン・モンローで、映画『『紳士は金髪がお好き』というミュージカル映画の中で歌われている『ダイヤモンドは女の子の親友(Diamonds are a Girl's Best Friend)』という歌です。 この頃のマリリン・モンローのドレスが美しいこともそうですが、歌声も顔立ちも魅力的。そして、そんなマリリン・モンローが歌う歌詞は、愛情よりも富とダイヤモンドを、というような内容なのです。 女性のある意味本音を歌い上げているのですが、その内容は男性を皮肉りながらも魅力的な歌い方により、決して嫌味がありません。この時に出てくるブランドとしては、ティファニー、カルティエ、ハリー・ウィンストンなど、一流どころとされるジュエラーばかりで、この時に出てくるブランドは、どれもダイヤモンド買取などでも高額査定がつくブランドばかりです。

歌の内容にもう少し触れれば、そういったところのダイヤモンドが一番の女の子の親友で、女の子の輝きはいつか消えるけれどダイヤモンドの煌きは永遠に消えない、もちろん本物がほしい、というような内容で、思わず目が眩んでしまうような内容なだけに、魅力的だけれどもなんとなく耳が痛くなる内容かもしれません。ダイヤモンドに関しては、特に女性の魅力を大きく取り上げてくれていることがあるでしょう。いつまでも永遠に輝き続けるというのは難しいことですが、ダイヤモンドはそう劣化することもありませんし、たくさんのところでジュエリーとして求められているものです。最近は人工のダイヤモンドもありますが、人工のダイヤモンドではなくやはり天然のもののほうがとても魅力があり人気もあります。いろいろなジュエリーショップがダイヤモンドを扱うのも、この理由でしょう。

宝石に関しては、他にも様々な種類があります。ガーネットやサファイヤ、ルビーやトルコ石など、その種類はとても多いものです。ただしどれもこれもダイヤモンドにまさるものではなく、このように歌われる宝石はとても珍しく、ひとつの石で様々な伝説などが生まれるのも、また特別な石だということがあるでしょう。そして、一番需要も供給量も多い特別な宝石ということでもあり、様々な人が手にしている宝石でもあるのでしょう。ジュエラーたちがこぞって使いたくなるのも納得の輝きです。

Copyright(C)2014 どんな時代もダイヤは輝く! All Rights Reserved.