どんな時代もダイヤは輝く!

人生の節目に送るダイヤモンド

サイト項目

ダイヤモンド買取でわかる時代を問わないおしゃれについて

ダイヤモンドはいつの時も女性を虜にしてきました。古代ローマでも多くの女性がダイヤモンドやルビーを初めとする宝石に魅せられて、それを身につけてきたのです。特に古代ローマでは宝石はその女性の身を守る厄除けとして愛用されてきたのです。ダイモンドやルビー、サファイヤなどの眩い輝きや光は、邪気を払い身を守ると信じられてきたのです。こうした習慣、風習は日本でも見る事ができるのです。日本に古来から生息する赤珊瑚などは日本人女性の厄除けになるとして、両親から成人の日に赤珊瑚のジュエリーが贈られる文化があるのです。

また日本ではダイヤモンドのリングを婚約やプロポーズの際に女性に贈る文化が根付いています。これは1960年代後半から1970年に前半にテレビCMでダイヤモンドは永遠の輝き、ダイヤモンドは給料の三か月分というフレーズが繰り返し放送され、そのことにより婚約の際に日本人男性が女性にダイヤモンドリングを贈ることが習慣として根付いたのです。まだ歴史は浅いものの、日本人の文化として多くの人々に受け入れられているのです。

こうした文化が根付くことにより、日本では一気にダイヤモンドの需要が高まっていきました。エンゲージリングに限らず、ファッションとしてもダイヤモンドジュエリーが頻繁に用いられるようになって行ったのです。

ダイヤモンドジュエリーが非常に一般化し、多くの女性に取り入れられていることは宝石買取り業者の現場をみることでわかるのです。毎日のように女性が様々なダイヤモンドジュエリーをダイヤモンド買取り業者に持ち込んでくるのです。最近特に中国やインドでのダイヤモンドの需要の高まり、世界的なダイヤモンドの採掘量の減少が見られその価値が非常に高騰しているために、ダイヤモンド買取り業者は喉から手が出るほど多くのダイヤモンドを買取りたいと考えているのです。そのため最近ではメレーダイヤモンドの集合体デザインの1カラットアップであると昔では考えられない高値がつく場合があるのです。

またダイヤモンド買取り業者には昔のデザインのダイヤモンドジュエリーも沢山持ち込まれるのです。しかしダイヤモンド買取ではデザインの良し悪し、古さなどはあまり査定に関係ないのです。プラチナとダイヤモンドを別にわけて、再び加工しなおして市場に出すことになるので、デザインや古さは全く影響なくダイヤやプラチナそのものの価値が査定額に反映されるのです。

このようにダイヤモンドのジュエリーはダイヤモンド買取り業者を少し垣間見るだけでもその人気ぶりをうかがい知ることができるのです。洋服などとは違うおしゃれであり、時代や流行にあまり左右されず、普遍的に楽しめるおしゃれなのです。

宝石買取店では宝石の相場や流通についても詳しく解説します

更新情報

2016/12/09 ダイヤモンド買取でわかる時代を問わないおしゃれについて

2016/02/02 ダイヤモンド買取でわかる時代を問わないおしゃれについて

2016/02/02 ダイヤモンド買取でわかる時代を問わないおしゃれについて

2015/10/19 合成ルチルでできた誤称のダイヤはダイヤモンド買取で評価が低い

2015/09/11 天然カラーのカラーダイヤモンドは、ダイヤモンド買取で高額買取してもらえる

2015/07/29 ダイヤモンド買取店では再鑑定や再研磨を勧めてくる場合がある

2015/06/03 ダイヤモンド買取でわかる時代を問わないおしゃれについて

2014/10/22 天然ダイヤの減少による人工ダイヤの増加とダイヤモンド買取への影響

2014/10/22 ダイヤモンド買取には大人の女性が本物のダイヤを持ち込みます

2014/10/22 ダイヤモンド買取でわかる時代を問わないおしゃれについて

Copyright(C)2014 どんな時代もダイヤは輝く! All Rights Reserved.